OK沢井通信

上町五社詣。〜稲荷神社〜

新緑の青葉が繁れる季節を迎えました。

 

さて。

途中になっておりました上町五社詣。今回は第三位の「稲荷神社」についてです。

IMG_0523.JPG

 

島津元久によって東福寺城に代わる新たな居城として築かれた清水城。

その跡にあります清水中学校の並びに、稲荷川を臨んで鎮められています。

 

稲荷神社は特に島津家との関わりが深いそうです。

島津氏の家祖である島津忠久は、嵐の夜に誕生したとされていますが

この時に狐火が護って、無事に生まれたということです。

そのため忠久は生涯、稲荷神社を崇拝したそうで、島津氏の危機には

狐が現れ、護ったという言い伝えがあります。

 

拝殿前には白狐と赤狐が護っていますが、鳥居をくぐってすぐにある一枚岩。

こちらは桜島の溶岩で、よく見ると狐の顔になっています。

(私の写真ではあまり狐に見えません・・・)

下をくぐれるように加工してはあるものの、狐の顔は自然の溶岩だそうです。

IMG_0518.JPG

あとで調べてみると、左前から見ると、狐の顔がはっきりとわかるようです。

 

鹿児島の鬼門につくられたとされる上町五社。

その中でも薩摩藩の中心とされた場所にあります稲荷神社です。

危機から護ってくださる狐さんに会いに、ぜひ訪れてみられてはいかがでしょうか♪

 

次回は「春日神社」です。

 

 

 

離島を含む鹿児島県全域の人々の健康としあわせのために

正々堂々、品質管理に誇りを持ったOK沢井薬品ならではの

「ジェネリック医薬品」をお届けに参りたいと思っております。

  2016/04/26   admin
タグ:
10月 2018年11月 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

カテゴリー一覧